ライブラリー:キャンドル卓撮影のコツ

どうしてもキャンドル卓を上手く撮れないときの写真補正術

2012/02/27

もくじ

キャンドル卓撮影のコツ(前編)
 気をつけるポイントとは
 1.色が寒そうになってしまう/赤すぎてしまう
 2.明るすぎる、暗すぎる

キャンドル卓撮影のコツ(後編)
 3.ブレてしまう
 撮影時の注意

どうしてもキャンドル卓を上手く撮れないときの写真補正術

===========================

キャンドルの写真は難しい!?キャンドル卓撮影のコツ をはじめにお読みください

「キャンドルの写真は難しい!?キャンドル卓撮影のコツ」
では
キャンドルのある食卓を撮影するときのポイントをお伝えしました。

それでもどうしてもうまく撮れないときは、写真加工ソフトを利用してしまうのも手です。
ブレてしまって諦めるよりは、
少し暗くなってもブレないように撮影して、あとで加工することで、
満足できる写真になることもよくあります。

ただし、加工するとどうしても画像が粗くなってしまいます。
できるだけ撮影時に工夫してみてください。

ここでは、オンラインツールを使って写真を補正する方法をご紹介します。
オンラインツールで補正した後は、保存するのを忘れないようお気をつけください。
※各ツールのご使用はお客様ご自身の責任において行ってください。

できれば加工した際には、上書き保存ではなく別名で保存してください。
もし加工したけれどいまいちだと感じた場合
上書き保存していると再調整がしづらくなります。



○PhotoshopExspress
写真加工ソフトの大御所Adobeが提供するオンラインレタッチサービスが、
PhotoshopExspressです。
本家Photoshopほどの細かい機能はありませんが、
初心者でも使いやすいレタッチサービスです。

暗く/明るくなりすぎてしまった写真は、「露光量」を調整します。
スライダを右に動かすと明るくなり、左に動かすと暗くなります。



暗くなりすぎた写真は、「補助光効果」でも明るくすることができます。

「露光量」と「補助光効果」では仕上がりが異なりますので、
お好きな方をお選びください。


「明るさ」が調整できるソフトをお持ちの方も多いと思います。
しかし、ソフトによっては「明るさ」もしくは「明度」の調整には注意が必要です。
多くの画像加工ソフトでは、明るさ調整=全体を薄くする加工を行います。

右が、あるソフトで「明るさ」を調整した写真です。
布やコウモリなど元々黒い部分まで薄くなってしまっています。

このような変化具合は、ソフトによって異なります。
例えばGoogleの提供するPicasaでは、
「明るさ調整」でもある程度黒が引き締まって自然な明るさになります。
「明るさ」「露光量」といったメニュー名だけでは判断できませんので、
まずは試してみてくださいね。



色みがいまいちな写真は「ホワイトバランス」を使います。

お好みの色を選んでください。

他にも、白黒にしたり傷を消したり赤目を修正したりと、便利な機能がたくさんあります。

撮ったけれどいまいちだと感じている写真が蘇るかもしれませんので、
気になる方は試してみてくださいね。