ライブラリー:倉敷とあかりとガラスの作家たち

「倉敷とあかりとガラスの作家たち 第4回」終了しました

2011/11/01


歴史ある町屋に、倉敷ゆかりのガラス工芸家たちのキャンドルスタンドを集めた
「倉敷とあかりとガラスの作家たち 第4回」、好評のうちに終了いたしました。

ご来場いただいたみなさま、作品を出展してくださったみなさま、
地酒や料理を提供してくださったみなさま、
運営をお手伝いいただきましたみなさま、
Twitterでの中継などをご覧くださったみなさまに、お礼申し上げます。

今年で第4回を迎えた本イベントは
認知度も高まり、リピーターの方も増えてきました。
また、参加ガラス作家・作品販売数ともに、過去最高の記録となりました。

今年も個性豊かな作品がそろい、
あかりとガラスの美しさで、来場者の目を楽しませてくれたと思います。
「すごく綺麗」「癒される」「来てよかった」といった感想も聞こえてきました。


 

また、初めての試みで開催いたしました
「ローソクのあかりだけで楽しむ、ぐい呑みと地酒のひと時」では、
作家さんのぐい呑みで、地酒と酒肴を楽しんでいただきました。

予約は早々にいっぱいになり、
お断りしなければならなかった方々には申し訳ありませんでした。

ローソクのゆらめくあかりの中、美しい庭と作品を眺めながら
大人の贅沢なひとときを味わっていただけたことと思います。

作家さんのぐい呑みはどれも美しく、みなさま悩みながら選んでいらっしゃいました。
また、普段日本酒を飲まれない方も、その美味しさに驚かれていました。
すごく良かった、もっと開催してほしい、と熱いラブコールも多くいただいています。


「キャンドル卓」では、今後「気になるガラス作品」として
編集者の心の琴線に触れた作品をいくつか取り上げ、ご紹介してまいります。

来年も同じ時期に「倉敷とあかりとガラスの作家たち 第5回」を開催する予定です。
是非お越しくださいますよう、主催者一同、心よりお待ちしております。