ライブラリー:倉敷とあかりとガラスの作家たち

「倉敷とあかりとガラスの作家たち」パワーアップして今年も開催決定

2011/06/26

毎年多くのご来場者を迎え好評をいただいているイベント、「倉敷とあかりとガラスの作家たち」
を今年も開催いたします。

昔ながらの町屋に、倉敷ゆかりのガラス工芸家たちのキャンドルスタンドを集め、
見て、感じて、憩い語らうことのできる展示会&イベント「倉敷とあかりとガラスの作家たち」は、
2007年の「21世紀を灯す ガラスのキャンドルスタンド展」を前身に今年で第4回を迎えます。

期間は、2011年10月12日(水)~16日(日)、
会場は、倉敷美観地区にある「はしまや」と
阿智神社にある「斎館」(15・16日のみ)の2会場となります。

歴史ある町屋のたたずまいの中で浮かび上がるキャンドルとガラス作品が、
あたたかく美しい空間を創り出します。


そして、今年は新企画として、
「ローソクのあかりだけで味わう、ぐい呑みと地酒のひと時」が誕生しました。
お好みの作家さん手づくりのぐい呑みで、酒肴に箸をのばし地酒を楽しんでいただく企画です。
しかも、そのぐい呑みを持ち帰ることができる粋な内容になっています。
畳の部屋で美しい庭と作品を眺めながら味わう地酒は、きっと格別の味でしょう。

「はしまや」での展示も
昨年のギャラリー2会場に加え、新たにサロンも会場として展示を拡大します。


参加作家さんも年々増え、今年は
倉敷芸術科学大学卒業生で、全国で活躍中のガラス工芸家 約30名と、
芸術科学大学ガラスコースの在学生 約20名が
作品を展示・販売します。

会期中の15・16日(土・日)2日間は
「屏風祭り」「阿智神社秋季大祭」も開催しており、
毎年美観地区周辺は期間中6万人を超える来場者で賑わっています。

ぜひ、「倉敷とあかりとガラスの作家たち(第4回)」にご期待ください。



「倉敷とあかりとガラスの作家たち(第4回)」
期間:2011年10月12日(水)~16日(日) 入場無料(下記企画参加は除く)
会場:ギャラリーはしまや・夢空間はしまやギャラリー・夢空間はしまや
   斎館(阿智神社)
   ※会場により10月15日(土)・16日(日)の2日間のみ。

「ローソクのあかりだけで味わう、ぐい呑みと地酒のひと時」
期間:2011年10月15日(土) 18:00-21:00
会場:斎館(阿智神社)
参加費:2500~3000円
※限定20名、9月30日(金)までに要予約
申込み・問合せ:086-465-1035 美藤(みとう)