ライブラリー:食空間プロジェクトFSPJさんの活動

洋食でおもてなし ~家族で過ごすクリスマスディナー~ 「feel NIPPON」ブース展示

2015/02/04

2015年2月4日~6日、東京ビッグサイトで開催された「第17回グルメ&ダイニングショー」。
日本商工会議所「feel NIPPON」様のブースの「季節のおもてなしコーナー」において、
フード&食空間プランナー 赤松真紀子(Makko)さん
ブースプランニングと食空間プロデュースを担当されました。
監修は、FSPJ(株)代表 慈道美奈子さんです。
また、期間中「食空間アドバイザー」としても企業ブースをサポートされました。


「feel NIPPON」とは、国内各地の商工会議所と事業者が連携し、
地域ならではの資源を使った「食」「技」「旅」の商品開発・販路拡大を、
日本商工会議所が支援する活動です。

「第17回グルメ&ダイニングショー」の「季節のおもてなし」コーナーでは、
日本全国から選りすぐった、その地域ならではの資源を活かした「食」「技」関連商品を使い、
四季をイメージしたおもてなしのテーブルコーディネートを展示。
春夏秋冬の4つのゾーンに分け、
それぞれの季節の食のシーンを、季節感とイベントを取り入れて演出し、
商品をプロモーションされました。

冬の食卓は、「洋食でおもてなし ~家族で過ごすクリスマスディナー~」がコンセプトの
ファミリー向けのコーディネートです。
地域食材を知り、美味しさを楽しみ、そして伝える、伝わる・・・
家族のクリスマスディナーです。

ぬくもりのある白樺キャンドルを高さ違いで飾り、
あたたかな家族で囲むテーブルの演出に華やかさをプラスしています。


その他の季節のテーブルを含む、展示の詳細はこちら。
【ご報告】グルメ&ダイニングショー「feel NIPPON」食空間プロデュースのご報告|食空間プロジェクト(FSPJ)

また、監修の慈道美奈子さんのインタビューが
「feel NIPPON」のサイトに掲載されています。
季節のテーブルコーディネート | 第17回グルメ&ダイニングスタイルショー「feel NIPPON 春 2015」