ライブラリー:倉敷とあかりとガラスの作家たち

「倉敷とあかりとガラスの作家たち 第8回」終了しました

2015/11/18

歴史ある町屋に、倉敷ゆかりのガラス工芸家たちのキャンドルスタンドを集めた
「倉敷とあかりとガラスの作家たち 第8回」が終了いたしました。

ご来場いただいたみなさま、関係者のみなさまに、お礼申し上げます。

今回は、国指定重要文化財の「大橋家住宅」と
カフェ&ダイニング「キャンドル卓 渡邉邸」で展示&販売いたしました。

大橋家住宅では、昨年に引き続き、
ほぼ1軒を使っての広い空間で、床の間や棚なども活かして展示を行いました。

全国で活躍中の若手ガラス作家さん19名の作品約600点が集まったこの企画。
あかりとガラスがお互いの美しさを引き立てあう、素敵な作品が並びました。

「買いたいものがいっぱいで、どうしよう」と楽しく悩まれていたり
「旅行中なのに、時間を忘れてゆっくり見入りました」と話されていたり。
じっくりと作品を見られている方が多かったです。

今年初出展の作家さんも多く、
リピーターの方にも新鮮に感じていただけたようです。

また今年も、コーディネーターグループ「バルス」による空間演出が行われました。

入場してすぐに目を引く大きな枝物から、作品の間に置かれた小さな植物まで
会場全体をかっこよく演出してくださいました。
苔や松ぼっくりや栗など身近な植物がモダンで斬新に飾られ、
「お花が素敵ですね、とても気に入りました」と何枚も写真を撮られている方もいらっしゃいました。

 

そして今年は、「キャンドルのあかりだけで聞く『和』と『洋』の夕べ」と題した
ナイトコンサートを2日間開催しました。

両日満席となり、暗闇にキャンドルのあかりが浮かび上がる空間で、
畳に座布団を並べ、美しい音色に耳を傾けました。

11月6日(金) は、アコースティックギター・中村好伸さんと、パーカッション・岩本象一さんによる「灯るギター 灯すリズム」。
優しいギターとさまざまな楽器でのパーカッションが心地よく、アンコールを求める拍手がやみませんでした。
「アンコール曲を準備していなかった」と、即興で演奏してくださいました。

11月8日(日) は、尺八・パーシャさんと、箏・山路みほさんによる「灯の明(ひのあかり)」。
途中パーシャさんより「一緒に歌いましょう!」と声がかかり
尺八の伴奏で「紅葉」など唱歌数曲を観客全員で合唱しました。

お客様から、「すごくいい時間を過ごせました」と感想をいただきました。

美しい作品と演出に囲まれて、古民家で心安らぐひとときを過ごしながら、
倉敷の魅力を感じてくださっていたら幸いです。


「倉敷とあかりとガラスの作家たち 第8回」
 期間: 2015年11月4日(水)~12日(木)
 会場: 国指定重要文化財 大橋家住宅、キャンドル卓 渡邉邸
 主催: 倉敷とあかりとガラスの作家たち実行委員会
 協賛: 倉敷芸術科学大学・ペガサスキャンドル株式会社・大橋家住宅・原のり子
 フラワーショップpepe・パーシャ・山路みほ・中村好伸・岩本象一
 後援: 倉敷市
※当イベントは、倉敷市中心市街地活性化まちづくり事業補助金を活用して実施しています。

第8回特別企画ナイトコンサート 「キャンドルのあかりだけで聞く『和』と『洋』の夕べ」
 ◯アコースティックギター・中村好伸 × パーカッション・岩本象一 「灯るギター 灯すリズム」
  11月6日(金) 17:30~ 入場料:¥500(1ドリンク付き)
 ◯尺八・パーシャ × 箏・山路みほ 「灯の明(ひのあかり)」
  11月8日(日) 17:30~ 入場料:¥500(1ドリンク付き)

問い合わせ:ペガサスキャンドル株式会社 美藤(みとう) 086-465-1035
 倉敷芸術科学大学 磯谷(いそがい) 086-440-1056


関連記事
 「倉敷とあかりとガラスの作家たち 第8回」開催決定
 「倉敷とあかりとガラスの作家たち 第8回」開催中