ライブラリー:あかりのイベント

レポート2 「CANDLE DINING キャンドル卓 in ギャラリーしをり」~お料理~

2014/05/16

2014年4月5日~5月6日、
キャンドルのあかりでディナーを楽しむレストラン「CANDLE DINING キャンドル卓」
期間限定オープンいたしました。

何回かに分けて、お店の様子をご紹介しています。

今回はお料理をご紹介します。

 =================
    レポート1 概要と会場
  →レポート2 お料理
   レポート3 お飲み物とグラス
   レポート4 キャンドルと感想
 =================




■お料理■

「CANDLE DINING キャンドル卓」のお料理は皆様共通で、
「春の歌」という創作フレンチコースを召し上がっていただきました。

シェフは、フレンチ食工房「ぶどうの木舎」の薮原シェフ。

「ぶどうの木舎」は
岡山市北区の一宮地域にあるフレンチの人気店です。
「食の安全・安心」を追及し、
有機無農薬野菜を始めとするこだわった食材を使っています。
ホテルで修行を積んだシェフたちが創りだす本格的なフランス料理を
アットホームな雰囲気でお召し上がりいただけるお店です。
 ※参考 ミラレセラレ ぶどうの木舎

薮原シェフが毎日食材などを運び込んで会場に入り、
お料理を提供してくださいました。

●オードブル 「春の帆掛け船」

・3 種のディップの帆掛け船
(ほうれん草とチキン、カボチャ、ポーク)
・西貝の生姜ソルト添え
・小イワシのエスカベ風
・蕗入りハンバーグ
・春野菜各種

海に浮かぶ小舟をイメージしたオードブルは、
見た目も華やかで、お客様から「すごい」「うわあ、きれい」と声があがりました。

特に3種のディップが好評で、
"帆"の部分にのせて食感も楽しんでいただきました。
ポークのディップは、まずそのまま食べても美味しいローストポークを作り、
それを撹拌しているそうです。

●スープ 「ドレミファ・ソラミネ」

スープは、そら豆&炒り玄米入りのミネストローネ。
はじめは見えないのですが、
スパイスの効いたスープの中には、つるんとしたそら豆が潜んでいます。
赤いスープから緑のそら豆が顔を出す、色のコントラストが綺麗な一品です。
 

●メインディッシュ 「サワラとイガイの泥遊び」

サワラ&ムラサキイガイを
竹炭入りのブールブランソースにつけていただくメインディッシュです。

ブールブランソースは、白ワインとバターを使ったソースです。
これに竹炭を加えました。
竹炭にはデトックス効果がありおなかの調子を整えてくれると言われています。

大きな葉っぱは、スイスチャードというアカザ科フダンソウ属の葉野菜です。
茎の色が鮮やかで、ピンク色や黄色のものもあります。

ぶどうの木舎さんは、お野菜が美味しいことでも評判のお店。
「珍しいお野菜が食べられて嬉しかった」
「お魚はもちろん、アスパラやポテトも美味しかった」といったお声もありました。

■デザート■

デザートは倉敷市鶴形の洋菓子店「エル・パンドール」
ケーキとサブレを用意していただきました。

「エル・パンドール」は、倉敷駅から徒歩7分の老舗の洋菓子店。
上品な味と、良い材料を使っていることでもファンが多いお店です。
カフェスペースがあり、
土日限定で、上質なバターたっぷりのケーキ屋のパンも焼いています。



●デザート 「歌のなごり」

・ラズベリーとカシスのプチケーキ
・ココナッツのサブレ
・オレンジ
・ホットドリンク

甘酸っぱく色もきれいなラズベリーとカシスのケーキと
サクほろっとした食感のココナッツのサブレは、
「かわいい」「美味しくて満足」と好評でした。


次回は地酒などのお飲み物と、作家さんのグラスを紹介します。
   >>レポート2 飲み物とグラス